MET Rivaleと過ごした1年間

今シーズン、大変うれしいことに、Intermax一般サポートライダーとして、 METのrivaleを1年間使わせて頂いた。
友人らにアピールしたり、ブログでもしばしばアピールさせて頂いたが、1年間様々なシチュエーションで使ったうえでのインプレを最後にまとめたい。

【一言でいうと】
結論的になるが、一言でいうとエアロヘルメットに対するイメージを変えてくれるヘルメットだった。

【インプレ】
エアロヘルメットというと、重いのではないか、とか高温多湿の日本だと夏は暑いのではないか、などの不安があった。ただ一方で、年に数回だけ出るTTレースに専用ヘルメットを買うのももったいないし、以前から欲しいとは思っていた。
なんだかんだ、上で述べた心配は杞憂に終わったので、ヒルクライムオンリーな人を除けば基本的におススメできると思う。

一方で、オールラウンドに使えるという事は、性能的に劣るのではないか、特に肝心なTTでの性能に劣るのではないか、という心配もあると思う。これについては、トラックで特に屋内でしか使わない、という用途を除けば問題ないのではないか、と言いたい。というのも、公道のTTレースでは必ずしも前からしか風が来るわけではないので、ロングテールよりショートテールの方が使いやすいと個人的に感じるし、ショートテールなら多少フォームが乱れてもあまり影響が出ない気がする。さらに言えば、古典的なTTメットは、特に夏は暑すぎるので、そういった意味でも年間を通じて使えるRivaleのようなヘルメットを持っていると使いやすいと思う。

【総括】
最近は、Rivaleや同じくMETのMantaのような、ロードレース用のエアロヘルメットが以前より増えてきて、中々、これが絶対良いみたいに勧められない時代が来ていると感じる。
ただ、その中でも、イタリア製だからか、デザインセンスが極めてよく、またいわゆるロード用の軽量ヘルメットとほとんど重量面でそん色がない、という点でMETのエアロヘルメットは誰にでも勧められる製品だと思う。
もちろん、ヘルメット選びにおいては自分の頭に会う形か否かが最も重要ではあるだろうが、選択肢の一つとしてMETを検討してみてはいかがでしょうか。

そして、1年間、ブログをご愛読して下さった方々、サポートして下さったIntermax様、ありがとうございました。
4月以降もトレーニングは続けますが、ブログの更新頻度は下がると思います。とはいえ完全に更新しないという事はないので、時々覗いて頂ければ嬉しいです。

5/19 実走の記録

4:41'39/120.270km IF0.547/TSS162 トレーニング@彩湖 イナーメ所属の田渕君主催の練習会。田渕君とは、彼がVentosだったころ、僕自身もよくVentosの練習にお邪魔してた関係で知り合った。とはいえ、なんだかんだ一緒に走るのはその時...