4/5 ローラーの記録

1:01'27 IF0.643/TSS42 W'45%
起床時心拍60

SST 2 x 10min then HIIT 40/20

-------------
MS1: 2 x 10分 SST
>0:10:02 47.0% 217.2w 51.4:48.6 (11.5+10.9)N*m 92.7rpm
レスト:5分
5分流し。
---------
MS2:HIIT(40/20)10分
40秒全開/20秒OFFの繰り返しを10回=10分
OFFの間も足は回し続けること。緩い登りで行うのが最高。
>0:00:40 54.6% 329.3w 51.4:48.6 (15.9+15.4)N*m 100.0rpm
>0:00:40 59.0% 328.8w 51.7:48.3 (16.8+15.1)N*m 97.8rpm
>0:00:40 56.8% 315.7w 51.5:48.5 (16.2+14.8)N*m 96.0rpm
>0:00:40 52.7% 306.5w 51.4:48.6 (14.5+13.3)N*m 104.2rpm
>0:00:40 52.1% 300.2w 52.1:47.9 (14.5+13.6)N*m 100.2rpm
>0:00:40 50.8% 295.9w 52.2:47.8 (14.5+12.9)N*m 101.3rpm
>0:00:40 51.5% 286.1w 51.8:48.2 (13.9+12.8)N*m 100.2rpm
>0:00:40 52.3% 288.5w 51.7:48.3 (14.3+13.4)N*m 98.9rpm
>0:00:40 50.1% 294.2w 52.6:47.4 (14.2+12.4)N*m 103.5rpm
>0:00:40 56.7% 323.1w 51.7:48.3 (16.4+15.3)N*m 96.1rpm
---------

レース週の中では負荷をかけることが大切になってくる水曜日。今週・来週は予想以上に忙しく、拘束時間が長い日が続き、リカバリーが追い付いていないが、運よく少し早く帰れたので、そのまましっかりメニューを消化する。
本当は別のメニューを考えていたが、疲労の残り具合と、先週末のトレーニング領域との重複を避け、結局HITTに落ち着いた。

アップの段階でかなり疲労感が強く、やや長めに、じっくり脚を回していくが、最初のメニューであるSSTの段階で、まずフレームが大きく感じ、しかもパワーが出ない。僕の場合、ポジションが出ていないときと、筋疲労が残っているときに中強度が踏めず、少なくともポジションはあっているので、疲労が残っているという良くない徴候である。 
HITTは5本で終わらせようと思っていたが、気合で10本消化。高回転で回し、筋肉に負荷をかけないように意識して実施。本当なら平均ワットもZ6で揃えたいところだが、Z5とZ6の境目付近に落ち着く。出力の分布を見ると、狙い通りではあるので、悪くはない。

今年のチャレンジロードは距離が伸びたが、それでも14周弱69㎞なので、インターバルの回数は多いものの、距離としてはそこまで長いわけでは無いので、しっかり乗りながら最終調整を進めていきたい。昨シーズン、150㎞前後のレースをしっかり完走できるレベルの距離耐性は付いたし、登録レースの負荷でも70㎞前後のレースはしっかり完走できるようになってきているので、上位を目指して頑張っていきたい。

8/13 ローラーの記録

35'10 IF0.605/TSS22 LSD >0:20:01 38.4% 182.9w 49.6:50.4 (9.0+9.1)N*m NP184.3w 96.5rpm 当直明けの休みということで、午前中はみっちり実験し、昼寝してからローラー...